「モノを作る」企業から、 「コトを支援する企業へ」

Company会社情報

企業理念会社概要

今、私が強烈に心に抱く願望は「社員の幸せと社会への貢献」です。綺麗事に聞こえるかもしれませんが、これは私が長年経営を続けてきたなかで掴んだ切実な思いでございます。従業員が安心して豊かな暮らしができるような会社をつくり、それを通じて、お客様、仕入先をはじめとした社会に貢献していく。インターネットというメディアの健全な発展を人々の生活に活かすことはもちろん、雇用の拡大や、京都という地域社会への貢献も目指していきたいと考えております。

株式会社ブリッジコーポレーションの創業は1995年、日本でインターネット元年と呼ばれる年でした。創業当時はインターネット接続プロバイダ(ISP)事業をメインにインフラを提供する会社でしたが、時代の変遷とともに、ホームページを受託制作する事業へとシフトいたしました。インターネットの黎明期から現在に至るまで、日本におけるインターネットの歴史とともに歩んできた当社には、ネットの可能性を切り拓いてきたという自負があります。

そして今後は、Webサイトという「モノを作る」企業から、インターネットを駆使したマーケティング、ブランディングといった「コトを支援する」企業へと、変革を進めてまいります。つまり、現在の「受託Webサイト制作業」中心の構造から、「インターネット事業創造業」を付加し、発展させる構造へと変えていくわけです。

新たな事業を創造する根底には、「社員の幸せと社会への貢献」を願う強い気持ちがあります。インターネットが進化してきたスピードで私たちも常に変化し、挑戦し続けていきたい。安易な規模拡大や利益追求ではなく、社員、取引先、社会から本当に信頼される会社でありたい。それこそが社員を幸せに導き、社会に貢献できる唯一の道だと考えております。今後も"インターネットと人の間"で社会に必要とされるサービスを提供してまいりますので、一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役
川口聡太

会社概要